通勤時間に、ポータブルDVDを活用しての通勤快速内鑑賞を、ウインドウズタブレットで執筆を行っています。 鑑賞中の直感的な感想をツイッターで 「実況」 → 鑑賞後、作品を俯瞰して 「未完成レビュー」 → そして推敲して 「完成! レビュー」 へと3回の過程を経て完成させていく様をご覧くさい
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
完成! 「ムーラン・ルージュ」 
2006-07-30 Sun 23:10
通勤時間を活用して、ポータブルDVDプレイヤーを使っての地下鉄内鑑賞にいそしんでいます。

分割しての鑑賞であるため、感想文も分割となっています。


ムーラン・ルージュ





     第1回目    6月28日(水)


1900年のパリという時代設定を活かす、2次元的で漫画的な表現を入れ込みながら、バタバタとエンンタテインメントの世界を描いていた前半は、ユアン・マクレガーが少年のような “はしゃぎっぷり” で


       非常フィットしていた。


しかし一方のニコール・キッドマンはそのキャラクターからか、正直言って


       乖離感めなかった。


ところが「悲恋」、「死」という要因が強くなった後半から、あんなに前半は光っていたユアン・マクレガーの、


       度量不足・貫禄不足


が徐々に露呈し、陳腐な存在に見えてきてしまった。
しかし、一方のニコール・キッドマンは反対に水を得た魚のように、



     ペシミズム華麗い、



大立ち回りを演じていくのだ。今作はその中盤において、



     主役攻守交替劇的されてしまった



ようだ。今後この悲劇的要素が強くなっていく終盤で、ユアンがどんな挽回策を講じてくるのかが非常に楽しみだ。しかし、このままずるずるとニコールに惨敗か?との危惧を感じてしまうのだが……。




     第2回目   6月29日(木)

昨日はユアン・アクレガーの身の置き場の行方を心配しておりましたが、作品を全て観終った今は、そんなことなど、もうどうでもよくなってしまった。
なぜなら、この映画の終盤は僕の大好きな



      【 「現実」  「虚構」 交錯 】 



が華々しく展開され、客観的に映画を俯瞰することなど、到底できなくなってしまったからだ。


無理やりに変更させられた劇 (愛) の結末。
その劇場に、排除されていたユアンが進入。舞台で演じるニコール・キッドマンに接触。そこから展開する



     現実らのいと劇中劇恋模様。



その二つの恋愛がパラレルに、同一人物で同一場所でグイグイと進んでゆく。しかもふと気づくとパラレルに進行しているとばかり思っていた2つの感情が、いつの間にか



      つのげられていたのだ。



 あー、やられた!



      【 「現実」  「虚構」 交錯 】 



に 「夢見るようにねむりたい」 や 「陽炎座」 「田園に死す」 のごとく、その映画的構造に簡単にも感動させられてしまったのでありました。

総論 星3つ(星5つが満点として)。
映画的興奮は図らずも得られた。
映像効果もよく配慮されていた。
しかし、前半と後半のトーンのアンバランスは乗れなかった。しかもあんな結末。ご都合主義のお涙頂戴ものになりかねなかったのでマイナス星2つでした。


スポンサーサイト
別窓 | DVD車内鑑賞レビュー | コメント:0 | トラックバック:0
<<完成! 「殺しの烙印」  | ポータブルDVDによる 車内鑑賞レビュー |
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ポータブルDVDによる 車内鑑賞レビュー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。